悪魔の討伐に向かった天使の末路は、悲惨なものになった。

 目標である悪魔にすらたどり着けず、天使は、その悪魔の子供によって、足止めを食らってしまったのだ。


「おじさーん、弱すぎなんじゃないの〜」


 頭から角をはやし、背中には堂々とした漆黒の羽をもった悪魔の娘が、楽しそうに笑いながら言った。

 まだまだあどけなさを残す幼い風貌。事実、天使の男の半分も年を重ねていない幼い悪魔の子供だった。

 その悪魔の娘に、天使はなすすべもなく、全身を嬲りものにされていた。


「・・・うう・・・・っく」


 悪魔の娘の前に、満身創痍の出で立ちで、よろよろと立ちながら、天使がうめいた。

 その鍛え上げられ、筋骨隆起した肉体は、今では真っ赤に腫れ上がっている。

 手も足もでずに、悪魔の娘に殴られ、蹴られた跡だった。

 その攻撃を思い出すに、天使は目の前に立つ、自分の子供ほどに幼い悪魔に対して、純粋な恐怖を感じていた。


「こんなに弱いのに、お母さんに勝負を挑むなんて、ちょっと身の程知らずすぎない?」

「・・・・うう」

「まだまだ悪魔としては半人前の私に、ここまでボコボコにされちゃうなんてね。アハハ。おじさんって、その年で下級天使だったりするの?」


 もちろん、男は上級天使だった。

 そもそも、最低限の犠牲におさえるために、男は単身悪魔の巣にやってきたのだ。

 歴戦の勇者である自分なればこそ、目標である悪魔を討伐できる。男はそう考えてきたのであるが、


「おじさんの標的って、わたしのお母さんなんだよね。なのに、その子供に負けちゃうなんて、情けないよねー」


 幼さを残した少女の言葉にこそ、現在の男の惨めさが端的にあらわれていた。

 天使の男は、ううう、と苦しげにうめいた。


「まあ、わたしとしては退屈してたところだからさ。こんなにいい玩具が自分からきてくれて、嬉しいけどね!」


 言葉をきると、少女は男との間合いをいっきにつめた。

 豊満な乳房が、ぶるんぶるんと揺れているのを見る間もなく、男は悪魔の娘に後ろから羽交い締めにされる。

 少女の片腕が、天使の喉に食い込む。その大きな胸が、天使の羽と背中を制圧するように押しつけられていた。


「ふふふ〜、まだ綺麗なうちに戦利品をもらっておくね」


 耳元でくすぐったい声。

 意識が遠のくような少女の芳香に酔うのもつかの間、天使は、自分の真っ白な羽が、悪魔の娘に掴まれたのに気づいた。


「や、やめ、」

「よいしょっと」

「アアアッギャア!」


 力任せに、天使の羽をもぎとる。

 立派だった純白の羽が、周囲に羽毛のように飛び散って、その大きな羽が男の背中からはぎ取られた。


「もう片方はじっくり剥がしてあげるね」

「や、やめえ・・・ひいいい!」


 少女は残ったもう片方の羽を、ゆっくりと剥ぎとっていった。

 さきほどのようにいっきにやるのではなくて、時間をかけて、真綿で首を締めるように、少しづつ力をいれていく。

 男は、痛みと恐怖にどうにかなってしまいそうだった。


「ほーら、おじさんの羽、ちょっとずつとれていっちゃってるよ〜」

「やみゃああ、ッギャア・・・ひいい」

「天使の象徴の真っ白で大きな羽が、悪魔に剥ぎとられちゃってるんだよ〜。しかも、まだ子供でしかない悪魔の娘に。えへへ、おじさん、くやしい?」


 そのまま、悪魔の少女は天使の羽を剥ぎ取った。

 その行為が終わると、悪魔の娘は男を解放した。地面に倒れこみ、背中の痛みでのたうちまわる男を、悪魔の少女は、戦利品を両手で持ちながら見下ろしていた。


「あはは! おじさん、もう人間と見分けがつかないね。ねえ、今どんな気分?」

「ううう・・・・っひっぎゃ・・・」

「よわっちいくせに、おじさんの羽だけは立派だから、わたしのコレクションに加えてあげるよ。ふふふ、部屋のどこに飾ろうかなー」


 るんるん、と鼻歌でも歌いそうなほどの上機嫌さで、悪魔の娘は天使の羽を抱きしめていた。

 その無邪気な笑顔は、プレゼントを喜ぶ女子児童を思わせる。しかし、彼女は、自分の力で、その羽を剥ぎとり、収集したのだった。

 それまで天使の体の一部だったものの所有権が、悪魔の少女に移った瞬間だった。


「さてと、じゃあ残りで遊ぼうかな」


 言うと、悪魔の娘は漆黒の羽をはばたかせて飛んだ。

 もはや二度と空を飛べない天使に見せつけるように、背中からのびた立派な羽を躍動させて宙を飛ぶ。

 そして、男の真上まできたとき、少女はいきなり急降下して、天使の背中に飛び乗った。


 ドスン!


「ギャアッギャア!」


 少女はそのまま、天使の背中に馬乗りになって、男を地面に押さえつけた。

 天使の背中に馬乗りになり、楽しそうにニコニコ笑いながら、痛みに悶える天使を観察し始める。


「玩具は、ちゃんと持ち主を楽しませなきゃだめなんだよ。これは、わたしの質問に答えなかったお仕置きです」


 あどけない笑顔で、悪魔の少女は男の顔面をつかむと、そのまま勢いよく引っ張った。

 キャメルクラッチ。

 男の背骨が、限界まで軋まされる。


「ッガガッギャアア!」


 男の体がシャチホコのように後ろに反る。

 その力は加減を知らないようで、今にも男の背骨が折れ、その胴体がまっぷたつになってしまいそうだった。

 少女の胸が、男の後頭部に押しつけられ、ぐにゃりと妖艶につぶれていた。


(おれは・・・・おれは・・・・)


 天使は、今にも自分の背骨が折れてしまう恐怖にかられながら、どうしようもない屈辱を感じていた。

 こんな年端もいかない少女に手も足もでず、こうして殺されていくしかないこと。

 自分の子供ほどの幼い悪魔に、玩具にされていること。

 男は、このまま少女に殺されることを無念に思いながら、屈辱に涙を流していた。

 しかし。


「うん、これくらいかな」


 次の瞬間には背骨が折れるという時になって、少女は男を解放した。

 そして堂々と立ち上がり、地面で苦しみに悶えている天使を見下ろした。その顔には、楽しそうな無邪気な笑顔が浮かんでいた。


「せっかくの玩具なんだもん。簡単には殺さないよ。だから安心してね」

「な、に・・・・を」

「そうだ! こんどはわたしの胸で虐めてみようかな。人間の雄って、なぜかわたしの胸が好きみたいだったんだよね。天使はどうなのか、試してみようっと」


 男は、目の前に迫る少女の豊かすぎる爆乳に威圧されながら、恐怖におののくしかなかった。

 このまま自分は、少女が飽きるまで玩具にされる。

 決して殺されず、散々に痛めつけられる。

 天使の背筋に、サアーっと寒気がはしった。


「アハハ! おじさんの顔面、わたしの胸の中に隠れちゃったね! おもしろーい」


 抵抗なんてできるはずもなく、少女の胸の中に拘束され、遊ばれるしかない天使。

 悪魔の娘の玩具遊びは、それからも長く続いた。

 殺してくれ、と、男が泣いて懇願するまで、さして時間はかからなかった。