げほっ、ごほっ。

 私は解放された安堵感から必死に息を吸っていた。

 目、鼻、口に大量の砂が入り込んでいて、それをなんとかしようと努力を続ける。

 涙があふれて、砂によってぼやけた視界が少しづつ回復してくる。

 目に飛び込んできたのは、私を救ってくれた娘の姿だった。


「早紀先輩、どういうことですか?」


 娘がさきほどの女性に質問していた。

 どうやら、娘と女性は顔見知りらしかった。

 娘は、少しだけ眉をあげながらも、親しげな様子で女性に話しかけている。


「どうもこうもないわよ」


 女性が・・・・早紀さんが口を開いた。


「この男が反抗的だったから調教しようとしていただけ」

「反抗的? お父さんが?」

「そうよ」


 娘は私に「信じられない」という視線を向けた。

 しかし、優しい娘は先輩にくってかかるように、


「き、きっと何かの間違いです。お父さんがそんなこと、あるはずありません」

「でも、実際に私の命令にそむいたのよ。そこにどんな理由があれ、調教するしかない。違う?」

「それは・・・・・・」

「とにかく、あなたの顔をたてて、恥をかかせない形で調教してあげるから。あなたは黙って見ていなさい」


 もっとも、と早紀さんは言った。


「父親が調教されている様子なんて見たくはないでしょうけどね。でもね、これは義務なのよ。絶対にやらなくてはいけないことなの。あなたの父親は調教されなければならない。女性に逆らったことを悔いるまで、徹底的に。それはあなたも分かっているでしょ?」

「でも・・・・・・」

「穏便にすましてあげると言っているでしょう。とりあえず、お尻叩き500回。それで様子を見て、人間椅子の時間を決めるわ。破格よね、これなら」


 背筋が凍った。

 本格的な調教。

 近頃まったく受けてこなかった調教が、私の身にふりかかる。

 娘が「先輩」というからには、この早紀という女性は学生なのだろう。

 自分の娘ほどの年齢の女性に、調教される。

 そんな屈辱、私には耐えられそうにない。

 私は娘をあおぎ見た。

 助けてほしかった。

 娘に守ってほしかった。

 しかし、娘の口からでてきたのは救いの言葉ではなかった。

 逆に私を地獄へと落とす、冷徹な言葉だった。


「わかりました」


 娘が底冷えのする声で言う。

 女王。

 男性よりも上位に位置する生命体の言葉。

 彼女は、父親の私をちらっと見ると、その言葉を口にした。


「私がお父さんの調教をします。それで文句はないですよね?」

動画 アダルト動画 ライブチャット