ビルの中。

 荒れ果てた建築物の中に、私たちは集合していた。

 そこは、とうの昔に倒産した会社の自社ビルだった。

 窓ガラスは割られ、核戦争後の荒廃さながら、そのビルの中は荒れていた。

 蛍光灯はなく、明かりは周囲の建物から漏れてくる微弱な明かりだけだ。

 薄暗い。

 そんな中で、総勢50名の同士たちが集結していた。


「いよいよですね、隊長」


 かたわらの男が私に言った。


「ああ、そうだな」

「それにしても、こんなすごい武器、よく集められましたね」


 男はそう言うと、手元の銃火器をカチャリと揺らした。

 アサルトライフル。

 戦争がまだあった時代に、陸上部隊が装備していたという武器だ。

 女性上位社会ができてから、この手の武器の生産はストップしていた。

 女性には能力があり、こんな武器に頼る必要なんてなかったからだ。

 これが必要なのは、我々男性のみ。能力を使えない男性しか使用しないものを、生産し続けるわけがなかった。

 その生産中止になった武器を、上層部がどこからか見つけてきたのだらしい。

 女にバレない場所に工場を建設して、日夜武器の生産をしているとの噂もある。

 組織の力は盤石だ。

 私は、手元のアサルトライフルと、周囲の同士たちを心強く思った。

 この部隊のリーダーを上層部から任されている身としては、なんとかして作戦を成功させなければと、改めて覚悟を決めた。


「それにしても、最近の懲罰委員会の活動は相当に活発になっているみたいですね」


 さきほどの男が言葉を続けた。

 私は気になり、質問していた。


「確かに、指令でもそういうことを言っていたが、それは本当なのか?」

「ええ、本当らしいですよ。何度か組織にも手が入ったみたいで・・・・・・一部所が壊滅させられて、後にはおびただしい数の男の死体が残っていたそうで」

「壊滅、か」

「ええ。噂では、そのとき幹部の一人が生け捕りにされたっていう話です。まったく、怖いもんですな。年端もいかな女子学生が、ここまで残酷になれるんですから」

「そうだな」

「中でも「拷問狂」と「撲殺悪魔」のコンビが凶悪らしいです。こいつらは、生きたまま人間を解体するらしいんですが、「撲殺悪魔」は、能力を使わずに、素手で人体を破壊するのを好んでいるらしくてですね。彼女が通った後には撲殺死体しか残らないみたいで」


 信じられない・・・・・いや、信じたくもない言葉。

 それがまるで予言になった。

 パラララと、どこか場違いな甲高い音が響いた。

 最初、なんの音だか気づかなかった。

 少しして、それがなんの音か分かった。


「誰かが発砲している?」


 アサルトライフルの発射音。

 それと共に、どこからか男の悲鳴が聞こえてきた。

 魂の絶叫。

 断末魔の悲鳴。

 それが最上階のここまで聞こえてきたとき、私はすべてを理解した。

 下の階の見張りが、何者かに殺された。


「まさか、バレたのか!?」


 全身が寒気におそわれる。

 パニックは周りの同士たちにもうつっていった。

 懲罰委員会にバレた。

 私たちの計画がどこかで漏れていた。

 そうなればどうなる?

 決まっている。

 虐殺だ。


「落ち着くんだ、みんな!」


 私はパニックを落ち着かせるために大声をあげた。

 同士たちが私のほうへ注目する。

 その目には怯えが浮かんでいた。

 当然だ。

 私だって怖い。

 下の階からはアサルトライフルの頼りない火薬の音と、ビルが揺れるほどの衝撃、そして男たちの悲鳴があがり続けている。

 そんな中で、恐怖を感じないなんて不可能だ。


「それでも、私たちは誇り高き組織の一員だ」


 私は、自分に言い聞かせるように、総勢50名の同士たちに語りかけた。


「私たちには武器がある。これはなんのためにあるんだ? 戦うためじゃないのか? 今まで、女性に虐げられてきた男の意地を見せるためのものじゃないのか? そうだろう? 私たちは、そのために戦う決意をしたんだろうが!」


 私の怒声に、同士たちは落ち着きを取り戻していった。

 皆、手元の火器をお守りのように握りしめ、闘志に瞳を燃やす。

 私は、アサルトライフルを握りしめながら言った。


「戦うんだ! 私たちは! ここで! この武器で!」

「おう! おう! おう!」

「私たちには武器がある! 恐れるものはない! 今こそ、こいつで、女性たちに目にもの見せてやるぞ!」


 おおおおおお!!

 歓声があがる。

 私は、力強くアサルトライフルを頭上にかかげた。

 私たちの力の象徴。

 能力をもたない私たちは、その武器を信頼し、心酔し、信仰するしか残された道はなかったのだ。

 しかし、


「え」


 武器を頭上に掲げた瞬間、異変が起きた。

 手にもったライフルが、ぐにゃりと飴細工みたいに溶けてしまったのだ。

 あっとういう間に、私たちの生命線だった武器は鉄くずに変わってしまった。

 突然の事態に理解がおいつかない。

 なにが起きたのか、私には分からなかった。

 その答えを言う声がすぐに響いた。

 それは、よく知った声だった。


「ごめんね。そんな武器、私たちには通用しないんだよ」


 最上階につながる唯一つの入り口。

 そこから、見事なプロポーションの女性が現れた。

 彼女は、黒のエナメルで出来た衣装をまとっていた。

 ほとんど裸といったもいいような、露出が高い衣装だ。

 長い脚を強調するように、お尻の割れ目さえ視認できような短いレーザーパンツ。

 ヘソは丸だしで、鍛えぬかれた腹筋が美しく、そして色気たっぷりに露出している。

 その上の胸はこぼれんばかりで、申し訳程度に黒のエナメルで隠すべきところを隠していた。

 誰もがその衣装を夢に見たことがあった。

 ひょっとしたら計画が失敗に終わったとき。

 ひょっとしたら私たちの活動が失敗に終わるとき。

 必ずその衣装を着た少女たちが、そばにいるはずだった。

 懲罰委員会の制服。

 懲罰時にしか着用を許されない、女性であることを強調した制服だ。

 悪夢にまで出てきたその衣装。

 しかし、私にとっては、そんなことどうでもよかった。

 その衣装を着ている少女にこそ、私の目は釘付けになっていた。


「そんな・・・・・バカな・・・・・・」


 驚愕の声をもらす。

 ありえない。

 こんなことがあってはならない。

 彼女が・・・・・・まさか、

 そんな!!


「それじゃあ、これから懲罰を始めるよ。泣き叫んだって、許してあげないからね」


 そこにいたのは、まぎれもない、私の娘。

 天使のように優しく、可愛らしい少女。

 私の実の娘が、悪魔の衣装に身を包んで、死刑執行場に現れた。



 
動画 アダルト動画 ライブチャット