小学時代の奈津美は泣き虫で、いじめられるとよく泣いていた。

 大人しい性格の奈津美は、ことあるごとに、からかわれていたのだ。

 そんな奈津美をかばうようにして、俺は奈津美と一緒にいたのを覚えている。

 泣きじゃくる奈津美をおんぶして、家路についたこと。

 まだ身長も小さかった奈津美の体を背負うのは簡単だった。

 泣くのをやめない奈津美を励ましながら、家路を帰ったあの頃。

 俺が奈津美を守ってやるんだと、そう心にきめていた小学時代。

 そう、思えば―――

 奈津美のことを特別な人間だと思い始めたのは、その頃からかもしれない。

 幼心ながら、奈津美が泣くとひどく哀しくなった。

 奈津美が辛そうにしていると、身が張り裂けそうだった。

 反対に、奈津美が笑ってくれると、心の底にポカンと温かいものが流れたのだ。

 奈津美のことは俺が守る。

 そう決心して、彼女の傍にいたこと。

 何度も何度も、いじめられて泣きじゃくる奈津美を背負って帰ったこと。

 そんな、もう二度と訪れることはないだろう時間。

 俺はどういうわけか、その時の夢を見ていた。






「あ、翔ちゃん。気がついた?」


 心地よい振動で目を覚ますと、いつの間にか俺は外に出ていた。

 寝ぼけ眼で周りを見渡せば、街路樹が均等に植えられた歩道がある。

 どうやらここは、校舎から寮へ行くための歩道らしかった。

 何人か制服姿の男女の姿があって、どこか活気に満ち溢れている。

 しかし、俺はいつのまに外に―――


「って、な、奈津美!?」


 寝ぼけていた頭が一瞬にして覚醒した。

 俺は今、奈津美におんぶされていた。

 そこには、小学校時代の病弱で小柄な少女はいない。

 10歳になり、身長も体格も大きくなった躍動感あふれる肢体。

 成長しきった幼馴染の女の子に、俺はおんぶされていて……


「な、なんで俺、奈津美におんぶされてるんだ?」

「だって、翔ちゃん気絶しちゃって全然起きないから……しかたなく奈津美がおんぶしてるんだよ」

「え?」


 サアアっと背筋が凍る。

 それは、さきほどの奈津美の調教を思いだしたからだ。

 その圧倒的な怪力で首を絞められ、殴られ、太ももで挟み込まれたこと。

 そのすべてが、俺に耐え難い恐怖を植え付けていた。

 そうだ……

 今、俺と密着している奈津美の魅惑的な体は、自分たち男子とは比べ物にならない力をもっているのだ。

 奈津美が気まぐれをおこせば、避けることのできない地獄が待っている。

 命乞いをしても許されず、奈津美が満足するまで、徹底的に調教される……。

 こわい。

 俺は、幼馴染の女の子の体に、明らかな恐怖を感じていた。


「な、奈津美……もう大丈夫だから、お、おろしてくれないか?」


 こんな拘束下では、いつなんどき、ひどい目にあわされるか分からない。

 俺は、声がうわずらないように、必死に努力して奈津美に声をかけたのだが、


「え? なんで? 奈津美なら平気だから、遠慮なんてしなくてもいいんだよ、翔ちゃん」

「い、いや遠慮とかそういうのじゃなくて……」

「―――?」 


 俺の言葉に振り向き、キョトンとした表情を浮かべる奈津美。

 瑞々しく塗れた大きな瞳が、俺のことを凝視してくる。

 その澄み切った瞳を見えていると、どこかに吸い込まれてしまいそうになる。 

 そんな見慣れた表情―――それは昔のままで、どこも変わったことなどないように思える

 しかし、奈津美が昔のままであるはずがなかった。

 それは、さきほど地獄のような調教を受けた俺が一番よく知っている。

 今では奈津美は、俺よりも比べ物にならないほどの強さを手にしているのだった。



「と、とにかくおろしてくれよ、奈津美。ほら、周りにも人がいるからさ。恥ずかしいだろ?」


 なんとか解放されたい一心で、そんなことを言ってみる。

 しかし奈津美は、


「別に恥ずかしいことなんてないよ」

「いや、だって……」

「もう、まだ自覚してないの? そりゃあ、今までは奈津美が翔ちゃんにおんぶしてもらってたけど、それはもう昔のことなんだよ?」

「む、昔のこと?」

「そうだよ。だって、奈津美のほうが翔ちゃんより何倍も力強いんだもん。これからは、奈津美が翔ちゃんのことおんぶしてあげるの」

「…………」

「役割が変わったんだよ。ふふふ、これからは、奈津美が翔ちゃんのこと守ってあげるからね。小学校の頃、翔ちゃんが奈津美にしてくれたみたいに」


 言葉もなかった。

 役割が変わってしまったこと。

 もう、奈津美は俺の力を必要としていないこと。

 どころか、これからは俺が奈津美に助けられていくであろうこと。

 それらが、直感として脳裏をかけめぐった。

 なんだか泣きそうになってしまった。


「翔ちゃん、奈津美のこといっつも守ってくれたもんね。奈津美が泣いてたら傍にいてくれたし、いじめられてたらすぐ助けにきてくれて……ほんとう、感謝してもしきれないよ」

「奈津美……」

「だから今度は奈津美の番なの。大丈夫、任せて。奈津美がちゃんと、翔ちゃんのことを一人前の男子にしてあげるから。何も心配しなくていいんだよ?」


 それきり黙って、奈津美は黙々と歩いていく。

 その足取りはしっかりしたもので、俺の体をおぶってもまったく負担に感じていないみたいだった。

 昔の病弱だった頃が嘘のように、今の奈津美は生命力溢れる少女にかわっている。

 俺の目の前にある背中。

 おんぶされているので、俺の体は奈津美の背中と密着している。

 温かい体温と、女性らしい柔らかな肉体。

 それらを備えていながら、奈津美の背中は、大きくて、逞しい。

 なんだか、この背中に身を任せ、おんぶされていると、どこか居心地のいいような安心感が全身を満たすのを感じた。

 母親の背中というか、

 絶対に自分は傷つけられないという安心感。

 そんなものを、俺は幼馴染である奈津美から感じる。

 おまけに、奈津美の体はとんでもなく柔らかくて、しかもいい匂いがする。

 いつの間にこんなに女っぽくなったのだろう。

 奈津美の長い髪が顔にあたって、くすぐったい。

 奈津美の髪の匂い―――シャンプーの匂いに全身を支配されているような気分になる。

 腕にはときおり、奈津美の大きな胸があたるし……

 歩くときに伝わる振動によって、柔らかい奈津美の体に俺の股間が擦り付けられてしまって……

 なんだか、妙な気分に、


「って、奈津美? お前、どこに向かってるんだ?」


 と。

 周りの景色を見て、奈津美に疑問の声をなげかけた。

 中学では全員、寮にはいることになっている。

 そして、当然のように男子と女子では違う寮に入ることになるのだが、さきほど、女子寮と男子寮の分岐点を通過してしまったのだ。

 このまま直進すれば、豪華ホテルもかくやというような女子寮が見えてくるだろう。

 だから俺としては、とっとと降ろしてもらい、男子寮へと帰りたいと、そう思ったのだが、


「あれ? 翔ちゃん。奈津美言ってなかったっけ?」

「な、なにを?」


 奈津美は、ふふふ、と楽しそうに笑ってから、


「翔ちゃんは、これから奈津美と一緒に住むんだよ? 女子寮の私の部屋で」

「は?」

「これから24時間。ず〜と一緒だよ。よろしくね、翔ちゃん」


(続く)
動画 アダルト動画 ライブチャット