「センパイ! ちょっと勝負してくださいっ!」


 後輩の女の子・・・その新入生の女子と勝負をしたのがすべての間違いだった。

 俺は高校のレスリング部に所属していて、それなりの実力があると自負したものだったが、彼女の前ではてんでダメだった。

 テクニックはもちろん、純粋な力でもまったく歯が立たなかったのである。

 あらゆる俺のテクニックはいなされ、上から押さえつけられ、彼女の連続ポイントで試合は俺の惨敗に終わった。

 しかもそれだけではなかった。


「は〜い、これから先輩は、私の玩具になっちゃうんですよー」


 と、彼女は俺に言った。

 言葉どおり、俺は彼女に玩具にされている最中だった。

 マットの上に寝かされ、背後から抱きつくようにして、体を密着してくる彼女。

 そのまま俺は、背後から、チョークスリーパーで締め付けられているのだ。

 見事なまでの胴締めチョークスリーパーだった。

 その状態で、彼女は俺の耳元で囁くのだ。


「私、男の人を虐めるのが大好きなんですっ! とくに年上の屈強な男性を力で痛めつけるの好きですね。うふふ、先輩はその点、私の好みなんですよ」

「カハア・・・・・・ひぎいい」

「もっともっと、締め付けてあげますねっ♪」


 彼女の逞しい腕が、さらに俺の首に巻き付いた。

 ギリギリと肉と骨が軋んでいく音が響く。

 さらに、彼女の脚にも力が増し、俺の胴体を潰さんと力をこめてきた。


「ヒッギャアア!!」

「アハハ!いい悲鳴ですっ! とっても素敵ですよ♪」

「ヒュー、ぎぎぎ・・・ゆるひゃがあ」


 彼女の逞しくも柔らかい体に潰されながら、俺は悶絶するしかなかった。

 鼻孔には、彼女の女の子らしい、いい臭いが漂ってくる。

 俺に技をかけているのは女の子なのだ。

 高校に入学したばかりの、新入生なのだった。

 そんな彼女に、俺は手も足もでずに、こうしてマットに倒され、犯されるようにして胴締めチョークスリーパーをかけられている。

 屈辱だった。

 その屈辱は、彼女の舌ったらずな声でさらに増す。


「先輩、ほら、悔しくないんですか? 新入生の女の子にレスリングで負けちゃって、さらにはこうして手も足もでずにボコボコにされちゃって・・・情けないとは思わないんですか?」

「ヒギ・・・・・ぎぎぎ」

「少しは抵抗してみましょうよ。ほら、がんばって私の技をといてみてくださいっ!」


 言われたとおり、俺はなんとか彼女の技をかえそうと努力した。

 しかし、やはりどうにもならなかった。

 俺の抵抗は、彼女のテクニックの前に完全にいなされてしまっていた。

 体を横に動かそうが、腹筋の力で状態を起こそうとしようが、彼女はそのつど、的確な防御運動をとって、俺の動きをコントロールする。

 背後から、俺の動きを掌握し、完璧に封じ込めてしまう下級生。

 ひとしきり抵抗した後、俺はあきらめて全身の力をゆるめた。

 耳元で、彼女の忍び笑いが聞こえた。


「センパ〜イ、もう終わりですか〜? あんがい、だらしないんですね」

「ギギギ・・・・・・」

「新入生の女の子に、先輩はまったく手も足もでないんです。フフフ、先輩が今までやってきたことって、なんだったんでしょうね」

「ひぎいいい」

「これからは、私の玩具になるんですからね? 体だけは頑丈そうだし、壊れにくそうですもん。ふふふ、せめて、一ヶ月は壊れないでくださいね」


 彼女は、本当に楽しそうだった。

 俺の耳にあまがみしてきたりしながら、楽しそうに俺の首と胴体を締め付けるのだった。


「では、残りの部活の時間を全部つかって、新しい玩具の性能をためすとしますかっ!」


 彼女は、背後から俺を締め付けたままで、


「センパイ? これからいろいろと技をかけますけど、我慢してくださいね。あ、それと、勝手に気絶したらお仕置きですから。覚悟してください」


 それではいきますね、と彼女が宣言し、地獄が始まった。

 ベアバックに始まって、彼女の肩の上に乗せられて永遠に背骨を軋まされる。

 かと思うと人間サンドバックにされ、腹をひたすら殴り続けられる。

 太股に挟まれて潰されたり、関節技で悶絶させられる。

 それは、彼女が満足するまで続くことになった。


「アハハ! いい玩具みつけちゃった♪ これからよろしくお願いしますね、センパイっ!」


(おしまし)
動画 アダルト動画 ライブチャット